NASAのWorldview上に映り込んだ葉巻型U.F.Oと一部で言われている画像を検証してみる♪ま、普通にエラー画像でしょ・・。 - 宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する

当ブログへのご訪問ありがとうございます。
当ブログ内記事検索はこちらから↓
ブログ読者の皆様へ(コメント・引用時の注意点、他)
知り損しない記事・情報

NASAのWorldview上に映り込んだ葉巻型U.F.Oと一部で言われている画像を検証してみる♪ま、普通にエラー画像でしょ・・。

-------------------------------------------------------------
※追記:
本記事に関してあらたに記事を書きましたのでそちらも参照あれ♪
NASAのWorldview上に映り込んだ葉巻型U.F.Oと一部で言われている画像を検証してみる♪ま、普通にエラー画像でしょ・・。(その2)
-------------------------------------------------------------
どもどもころりいでぇーっす♪

今回もまた前回の記事に関連した内容になりますのでっ☆

前回に引き続き取り上げる人物が以下の方でありまっす(・∀・)

HARMONIES G+
HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版)

この方が仰っておられる内容について、
ちょっと気になる件を調べたい衝動にまたまた駆られちゃって、

つい先日、このような本が出版されておりましてですね、



まだ中身を読んでいないんであれなんですけどね、
今度暇なときにでも読んでみようかと思っておりまっす(・∀・)

この本のタイトルにもある

ハーモニー宇宙艦隊・・

っていうなんだか聞きなれない言葉が出てきますけども、

NASAWorldview(←直リンク)

っていうサイトにU.F.Oが映り込んでいるそうで、

それらのU.F.Oがどうも主張されてる、
そのハーモニーなんちゃらっぽいんですわな(・∀・)

ってなわけで、早速検証してみますた(´▽`)

ひとまずこちらから見てみましょー♪
北極に「着陸」するハーモニー宇宙船団

以下引用↓
気象衛星による北極の撮影限界のその向こうから、隊列を組んで地球にやって来るハーモニー宇宙船団であろうと思われます。
引用ここまで↑

・・・へ? f(-ω-)

気象衛星の撮影限界の先の画像が映るなんてありえないはずでーは??
というわけで、んなバカなことがあるわけないでしょー・・


でも一応、画像で説明しておきまっす(-ω-)/

キャプチャ17.png

上の画像左端の赤丸で囲んだ部分をご覧あれ♪

これは誰がどう見ても、実際の地形の輪郭線ですよね〜?
もちろん人の手が加えてあると分かるわけで、
地図データの輪郭がはみ出しているまま手付かずで残っているんでしょー。

これをU.F.Oと見間違える人はさすがにいないとは思いますけども、

そのような地形図が描かれてある領域だから、
人の手が加わっているのは明白なうえ、
隊列を組んだ宇宙船が、しかも
撮影されるはずのない領域に映っているなんてことが、
普通に考えてあり得ると思いますかね?


そのU.F.Oみたいなのは多分なんらかのデータ上の不要な図、
或いは線が綺麗に処理されずに残っているだけの話じゃーないかと思われ(-ω-)
それが二つ並んで同じように見えるし・・
これ、なんとなくコピペしたような形跡が見受けられ(;´∀`)

全長1,150mの巨大母船

で、それをわざわざ拡大して説明してある辺り、
本気でそう思っているとしたら、
いったいどんだけピュアすぎる夢想家なんでしょか・・。

そういうの、ころりいは別に嫌いじゃないですよ〜f(-ω-)

でもね、

もしそうじゃなければスピリチュアル系にはまりやすい人を、
わざと騙すための嘘八百を並べ立てているだけ


ということになっちゃいますけども、

それなら許せませんけどねー(; ・`д・´)

では次ー。
東京上空に2機のハーモニー船と5つのクラウドシップ

これはあとでまた書きますけどね、この黒く映った物体は、
単なる衛星画像特有のエラーだと考えられまして。

キャプチャ16.png

その理由は画像にて簡単に説明してある通りでーす。

この黒く映っている棒状の物体は、言っておきますがっ・・

大きさを図るとな、なんと、直径500m、
長さ3.5kmもあるんですってば!(;´∀`)

そんな大きさであるにも関わらず、雲の方とは違って影が地面に映り込んでいないんですからね?


雲の高さと違ってもっと高い場所を飛行しているんでしょうかね?
それとも・・光を透過しちゃう?
光を透過しちゃうのに、衛星画像には捉えられているなんて、
まぁ矛盾しているから、普通ならただのエラー画像だと判断しますけどね(-_-;)

とりあえず次ー。
玄海原発と北部九州を完全プロテクション

どうもこのハーモニー宇宙船ってのは、形が色々あるようですねー☆

まさに変幻自在ってやつ〜?

そこでいくつか実際にNASAのWorldviewから拾って検証してみた♪

キャプチャ2.png

これは日本の五島沖に映り込んでいるU.F.O.・・?
これをドアップにすると〜?

キャプチャ3.png

うん、ただの黒いエラーの点にしか見えない・・(-_-;)

ハーモニー艦隊は真っ黒くて細長い葉巻型の母船じゃなかったの〜?

ちなみに黒点の付近に赤と青と黄の3原色が見えるのが、
実にエラーっぽいぽい・・(;´∀`)


で、先の問題の画像↓
キャプチャ4.png

これをさらにドアップ↓
キャプチャ5.png

う〜ん、あんまり物体の長さが短いから雲に映っていないのかな〜?
その疑問は最後に回してーっと♪

はい次、次〜↓

キャプチャ7.png

もう少し、これらがエラーであると考えられる理由を書かないとねっ♪

もしこれがですよ、物体として映っているとしたら、
真ん中のところが黒くなっているのはなぜでしょー?

普通なら、こんな風に真ん中だけがすっぽりとカラーが抜けて物体が映り込むということは
ほぼあり得ないと思いますよー。

えーっと、どうもこれを見てこの黒い部分を取り囲むよう輪郭にうっすらと白く輝いている
光が映っているとかなんとか、どっかで言ってるのを見たような・・。

なら、ならならならー、その全体が白く輝いて映っていなきゃおかしいでしょーよ(-_-;)

まして日光を受けているんだからさ、
反射して明るめに映らなきゃおかしいんですよね〜やっぱ。

なのに、そこだけ色が抜け落ちて黒く映りますかね?
その指摘されてるU.F.Oってのはほとんどが、黒い点や棒状の物体として
映り込んでいるんですよ〜?

逆に明るく光を反射してギラギラしてるものが見受けられない・・となると、
ますますデジタル画像特有のエラーの可能性が高くなるわけで。

キャプチャ8.png

これをさらにアップ↓
キャプチャ9.png

これだけの白い広範囲な雲にその黒い物体の影がまったーく
映り込んでおりまーっせん(-_-;)

となると、実際にはそこにそのような飛行物体は存在していなかったことを意味するのでーは?


と、こんなことを言うとですね、

たぶん、NASAの職員がブラシで加工修正したんだーっ!

とか言い出すと思うんですけどもー、

それならこんな黒い物体だけをのまま残すわけがないでしょーよ〜・・
それこそ周囲の色と同化させて完全に消し去りますってば・・(-_-;)


それにこの画像は毎日のように更新されているので、
チェックするだけでもかなり大変ですよ?

そんなことに労力使うのはバカげてますって(;´∀`)

あ、そうそう、あともう一個だけ指摘しておかないとっ。

U.F.O.は目には見えない霊的な物体であるから、
目に映らないけど写真には写るんですよー


・・的な意見ももしかしたらあるかもしれないけども、
そんなこと言っても、目に見えないのは光が透過しちゃってるってことなわけだから、
写真は物体に当たった光を反射したその像を捉えているわけで、

当然こんなにはっきりと黒くて長い棒上のものが写っているからには、
その物体は空中に浮かんでいるはずなので、そんなに大きな物体なのに
その影が写り込んでいないのは
やっぱおかしいと結局なってしまいませんかねー f(-ω-)

そうなると影の方をブラシで修正消去したって言うなら、
なんでわざわざ黒い物体だけ残したのかが意味不明ってことになっちゃうわけで、

どうせ消すなら両方消しますよね、隠したいなら・・(;´∀`)

また、雲の付近ではなく雲にも影が写らないほどの高空にその物体が存在していて、
つまりは衛星に近い側に存在しているとするなら、
むしろくっきりと綺麗な形で、写るはずではないかと思うんですけどね。

よく画像をぎりぎりまでズームアップするとわかるんですけど、
かなりいびつな形になりますのです(;´∀`)

こんな感じに↓
キャプチャ18.png

これが雲よりもはるか上空、衛星に近い側に存在する物体ならば、
仮にピントがズレているにしても、こんなにくっきりと角ばった
いびつな形で写りますかねっ?てことです。


こちらはちょいと参考までに。
Googleマップの伊豆大島上空に映り込んだ“虹色の飛行物体”

戦闘機が低空で高速移動していてもこんなにはっきりと
その形状が判別できるように写るんですよね〜☆


なのでやっぱり、ただの衛星画像ありがちなエラーということで、
ほぼ確定なのではと、ころりいは思うのでありまっす(-ω-)

------------------------------------------------------
※追記:
https://www.youtube.com/watch?v=zCtQRG6dIDk
この動画のコメントに有用なものがあったんで、以下に抜粋♪

『MODISデータを使っているものです。この映像中の画像は元データでも何でもありません。L1Bというキャリブレーションしたデータをメルカトル図法か何かにリマッピングしたただの画像です。処理したデータにもエラーがあってそのピクセル群 〜(中略)〜 をリマッピングしているため、エラーのあるところがほぼ同じ右斜め方向(衛星進行方向)を向いた葉巻型UFOのようにみえ、しかもリマッピングの際に少しなめされるのでそれっぽく見えるだけです。実際にL1Bデータを可視化してみてください。』

いやもう、ナ〜イスコメント♪(*´ω`)
------------------------------------------------------
じゃ次は、U.F.O画像じゃないけど、

熊本地震の前日、日本を襲う巨大電磁波

これはね、これはね、このようになる理由がある程度はっきりしてるんですっ♪

大地震前には前兆現象として地中からかなりの電磁波が発生するんです〜(-ω-)/

その辺りの参考 ⇒ 宏観異常現象

その結果、電離層が持ち上げられるという現象が起きることから、
すでに日本で地震予知に使えるのでは?と研究している方がおられるんですよ。

その方のお名前は早川先生です☆

HAARPは人工地震兵器ではありえない!その理由とは!?

この記事でも触れたとおりでありまっす☆

あのHAARPのデータでも、この電磁波がキャッチされていたので、

そら見ろ、HAARPが電磁波を放射したから地震が起こったじゃん!

とか勘違いをした陰謀論者さんが続出してたくらいでっす(-_-;)

そういうわけで、大概の人工地震説はもはや風前の灯火となったのでありました。

でも、人工的に大規模な地震を引き起こすことは不可能ではないというお話しを
以前こちらで指摘したのでありますが、むしろこっちが大事な内容なんですけどねぇ。

HAARP気象兵器説の根拠の真偽を考察する・・(その3)付記:「3.11人工地震陰謀論の背景」を考察する

CO2貯留プロジェクトの危険性を早く認識する必要があるかと・・。

2016-05-02 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

banar.swf
Copyright © 宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート