3月11日の東北地方太平洋沖地震は核爆弾爆破によるものではない! - 宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する

当ブログへのご訪問ありがとうございます。
当ブログ内記事検索はこちらから↓
ブログ読者の皆様へ(コメント・引用時の注意点、他)
知り損しない記事・情報

3月11日の東北地方太平洋沖地震は核爆弾爆破によるものではない!

さて、今回の記事は3.11地震の真相究明に、一歩近づくような内容になるかと思います。

以前からこの地震が人工的なものであるならば、その証拠を提示できなければただの憶測にすぎないということを述べました。

この人工地震説には核爆弾爆破説HAARP説に大別できると思います。

本記事では前者である可能性を排除する証拠を提示する事にします。
※追記:なおHAARP説についても可能性は排除されました。
HAARPは人工地震兵器ではありえない!その理由とは!?

この核爆弾爆破説で一番のネックになっていたのは、3.11地震の波形をどう判断するのが正しいのか?という点でした。

これが正しく判断できないと、人工地震なのか自然地震なのかが分別できないわけです。

今まで地震波形の判断の仕方がわからなかったために、この件については触れようにも触れられませんでした。

しかしようやく判断できる材料が揃いましたので、根拠を示しながら解説していきます。

では地下核実験で発生する地震の波形を見てみます。
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/STAFF/ando_new/lecture/M.Oishi.pdf

この中では北朝鮮で行われた核実験のデータと自然地震の違いについて解説されています。

また2006年と2009年の地震の波形はほぼ同じです。
http://www.jiji.com/jc/v2?id=20090527north_korea_18

それぞれP波、S波、表面波とはっきりとわかる波形になってます。

地震波の参照図
http://www.jishin.go.jp/main/chousa/10_yosokuchizu/t_maeni.pdf
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/furumura/05Miyagi/

また二つ目のP波として指摘されているのは反射波という判断も合ってると思われます。

→ ttp://www.sci.hokudai.ac.jp/science/science/H12_08/tigaku/arita.htm
(※リンク切れ)
・抜粋・
地表面で発射された人工地震波が地中を伝わるとき、物性(弾性波速度や密度)が異なる地層や岩体の境界面に入射すると、地震波の一部は屈折し、一部は反射します。屈折波はさらに深部の境界面でふたたび屈折し、反射します。

またはpP波の可能性もあります。
→ ttp://www-seis1.kugi.kyoto-u.ac.jp/dc/08/modeling/PpPsP.pdf(リンク切れ)

これらのことから、日本国内で反射波が確認できなかったのは波が減衰したからだと考えるのが妥当のようです。

あと自然地震のP波は一定距離離れた観測地点では、S波が到達するまでの間に初期微動が表れるのが一般的です。

P波、S波、表面波、初期微動、主要動のわかる参照図
http://www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/PNG/fig3.2.png
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/jishin-01.htm
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/furumura/izu06/

その他地震について詳しいサイト
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/jishin-04.htm

地震波の伝わり方がよくわかる動画
http://sgs.gozaru.jp/cdr/sutanbai/zisin_tateyoko.html
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/flash/ps_wave.html

今回の3.11地震の地震波が伝わる模様をリアルタイムでわかりやすくした動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14026152(4分10秒辺りから)

この自然地震と違い爆破による地震波形はP波が卓越しており、逆にS波は生じにくい事が特徴的ですが、このようになる原因は爆発が等方的(エクスプロージョン)であるためです。

参照
http://blogs.yahoo.co.jp/otenki_bosai/40977415.html
インドでの核実験の地震波と自然地震のそれとの比較図参照
http://educate-yourself.org/cn/japanquakemanufactured12mar11.shtml

これからもわかるようにP波が卓越しているのが見て取れます。

ではここで3.11の地震波はどのような形になっているか見てみます。
http://www.fnet.bosai.go.jp/exp110311.php
3.11地震波.jpg

P波到達からS波到達までの間に初期微動が見られることから、これは人工地震の特徴であるP波卓越の様相とは違う波形になっており、自然に起こった地震であると判断できます。

速度波形においてもP波S波ともにはっきりしています。
http://sms.dpri.kyoto-u.ac.jp/k-asano/110311/20110311array1.html
※理論走時ライン

加速度波形でも同じです。
→ ttp://www.bosai.go.jp/news/oshirase/20110315_01.pdf(リンク切れ)
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2011/03/EW_acc4.jpg
(参照元:http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201103_tohoku/

上記リンク中の@ABは断層の破壊が3分間で起こったとされるポイントです。
http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/25b/201103251730.html

※追記:
気象庁のデータより加速度、速度のP波S波の初動測定点は同じだと判明。
詳しくは以下の「強震波形」を参照のこと。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/kyoshin/jishin/090811_suruga-wan/index.html

また以前検証した3月9日の11:45分に起こった地震も同様に、自然に起こった地震の波形であるということがわかりました。

これによって今まで検証してきた人工地震【爆弾爆破説】は破綻したように思います。
ちなみにこのM9.0の地震を引き起こすには、いったいどれだけのエネルギーが必要なのかと言うと、

エネルギーの比較
TNT換算

TNT火薬約500メガトン分に匹敵するエネルギー※注)になります。

これはソビエトが過去に実験した水爆のツァーリボンバ10発分に相当する量です。
※注:この値は正確ではないかもしれないので一応念のため。参照 → マグニチュード



今ではもっと小型化が進んでいる可能性もあるかもしれませんが(※注)・・海底掘削した穴のサイズに収まるとしても、既に見た地震波形からは爆弾が使われた形跡を見て取れませんので、その可能性は低いです。
※注:
一般的には水爆の開発は終了していることになっているので、当然小型化が進んでいるというのも仮の話という意味で書いています。

また核実験の偽装については色々とあるようですが、
核実験(核実験の探知)

爆弾を並べて短時間に順に爆発させて断層破壊と偽ったり、2発の爆弾を短時間に続けて爆発させ自然地震特有のpP波(地震波を参照)に似た波を発生させたりする、とありますが、今回の3.11地震においては、最初の3分間に起こった断層破壊と見て取れる波形の内、最初に到達したP波の波形からしても2回目以降の波形を見ても、P波が卓越していると判断するのは妥当ではないです。

では最後にこの波形について、
http://www.iris.edu/cgi-bin/wilberII/wilberII_showplot.pl?ev=20110311_054623.7.spyder&st=ERM.II&c=irNtV9g8Ju2uI

これは今までに見た波形をかなり長い時間軸に置き換えたもののようですが、これと同じ時間軸の波形データを日本国内のサイト観測網では探せませんでしたので、もし見つかれば検証したいと思います。
※追記:
このデータはK-netの地震波形データに同じ観測点「えりも」で
見つかりました。ただ220秒という短い時間の範囲だけです。
→ えりも地震波形(k-netより)※今現在はすでにリンク切れ
これを見てもわかるようにP波が卓越していませんね。

※追加補足:
なぜ自然の地震と人工地震とではP波の違いが顕著に表れるのか?ですが、これは石田理論によると自然の地震では爆縮という現象が起こるとあるので、そのことから判断して、おそらくP波の成分が爆発と圧縮の力とが打ち消し合って残ったその差分が、結果として波となり伝わるからだと考えています。

そのように考えると爆弾の爆発は圧縮の力が生まれない、ただの等方的爆発(エクスプロージョン型の爆発)であるためそれがそのまま打ち消し合う必然性もなくP波の成分として伝わるから、卓越した波形になると思われるのです。

※追記:
2chにも今回の地震が核爆弾由来のものではないという情報も載っていました。
電気通信大学の早川正士先生の情報は今後とも要チェックです。
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1300068105/760-762
しかも地震予知ができるということのようで期待できそうですね。

※追記:
未だにネットや書籍でも3.11の地震が人工地震だと主張されている方も見受けられるようです。私自身もそれらに目を通していますが、その方たちが主張する事はすべていい加減な主張であるとしか言えません。主張されている根拠も根拠になっていないものばかりです。人工的であるのなら、その明確な根拠が必ず出てくるはずですし、論理的に説明ができるはずなのです。にもかかわらず不確かな情報を主観や憶測だけで断定するとは賢明ではないでしょう。それが仮に人工的であるとしても誰にでも明らかな証拠として説明できない限り、その陰謀を働いたとされる相手を訴える事すらできないのは言うまでもありません。もうそろそろ現実逃避せずに被った災害という事実にしっかりと目を向けて、被災地復興支援のために時間を裂く方が、人として賢明な行動だと思う所です。

※謝辞:
なお本記事で検証するにあたりk-net様より地震データを使わせて頂きました。

2011-04-24 | Comment(26) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この検証理論だと、仮にP波の調整が出来るならば、実際に人工地震であっても容疑は晴れることになってしまいませんか?
Posted by .(ドット) at 2011.06.17 04:44
初期微動を小さな爆弾、本震を破壊力抜群な爆弾
と2個連動にすれば・・
Posted by 簡単なこと at 2011.08.14 09:15
核爆発が実際の揺れを起こすためのものではなく、

歪みの溜まっていたプレートに作用して大地震を誘発するものだったとすれば、

その波型は結果的に自然な地震と変わらないことにならないですかね?


歪んだエネルギーを蓄えたプレートを特定する技術とかがあるのかは知らないですけど。
Posted by 通りすがり at 2011.09.16 11:49
>通りすがりさん

仮になんとか爆弾を埋めることができたと仮定して、爆弾が炸裂したのが深さ24kmの地点でなければ、そもそも核爆弾爆破説は成り立たないはずです。

それを念頭に置いて書きますが、
もし小規模の爆弾を自然地震を誘発させる目的で最初に爆破したとするなら、その爆弾のP波と自然地震のP波は別々に観測されると思われますが、データを見る限りそのような波形にはなっていません。

また仮に爆発とほぼ同時に自然地震が起こったとするなら、この地震が起こる前に電離層の異常が確認されたことの原因を説明できなくなります。

なぜなら、その異常が確認された理由が決して爆弾爆破によるものではなかったからで、当然そのような人工的に起こされたような地震も確認されていないからです。

ここでさらに仮にですが、感知できないような小さい爆弾をセットして爆発させていたとするなら、そのような手の込んだ芸当が、いつ大きな地震を誘発させるかもしれないリスクを抱えて果たしてできるものなのか、甚だ疑問です。

それにその爆弾をセットする数の分だけ穴を掘削しなければならないですが、その要する時間は高性能を誇る掘削船「ちきゅう」といえど、どう考えてもなかったはずです。

参照→ http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/195259820.html?1316166004

ということならば、電離層の異常は自然地震特有の前兆現象として捉えるのが妥当で、そうなると爆弾をセットする意味もなくなってしまいます。

この辺の情報についてはHAARP説の考察にも触れてあるので参照ください。
http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/199998679.html?1316164778
Posted by スミオ at 2011.09.16 18:42
この地震の発生時に発表された震源の深さは8q。しかしその後、気象庁はあわてて震源を24qにしました。日本の技術で震源の深さをこんなにも間違えるのでしょうか?
現在の科学技術では13q弱までほることができます。もしも気象庁が最初に発表した震源が正しいのならばこの地震は人工地震であった可能性が高いです。
ちなみに今回の地震のP波はありませんでした。(宮城県)
Posted by KAMIHATE at 2011.11.19 21:21
>KAMIHATE さん

コメントどうもありがとうございます。
以下それに対する回答です。

>この地震の発生時に発表された震源の深さは8q。しかしその後、気象庁はあわてて震源を24qにしました。日本の技術で震源の深さをこんなにも間違えるのでしょうか?

最初に発表された観測値は速報値と呼ばれるもので、後になって発表された物が暫定値若しくは、確定値と名称が変わります。

その都度、より正確にデータを集計して算出していくため、時間もかかります。

そもそも速報値は地震の発生から可能な限り素早く知らせる地震動の予報・警報という位置づけであって、その性質上震源の深さを正確に計る事を意図していません。

参考
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/Whats_EEW.html

よって24kmというのは8kmと発表した時点よりも正確な値という事が出来、これはすなわち日本の技術の精度の高さを確認できている事になります。

他の指摘についてはまた後ほど回答します。

Posted by スミオ at 2011.11.20 16:07
回答の続きです。

>現在の科学技術では13q弱までほることができます。

これはあくまで陸上での最高掘削深度(ロシアのコラ半島超深度掘削坑)であることに注意しておく必要があります。

しかもこの掘削には数十年という時間を要しています。

また海底を掘削する場合とは条件が違います。

地上と海底掘削との違いと、海底深部掘削の難しさ
http://chikyu-to-umi.com/RISER_YOUGO.HTM

仮にこれをクリアするとしても掘削するのに相当な時間を要します。

ここまで掘削可能な船と言えば日本製の「ちきゅう」がありますが、いったいいつ掘削していたのでしょうか?

その点はすでに検証してありますので、参照ください。
http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/195259820.html

仮に掘ることが出来たとしても海面から8kmの深さを掘るのに1年はかかり、航行記録を見ても準備から掘削完了後の機材撤収までを1年で完了していなければりません。

掘削を途中で中断して他の場所に移動するという非効率的な事はまずしないと思いますし、事前に計画を練った上で掘削するはずですので、今回のような深々度の場合は悠に1年以上はかかると見込んで作業を行うはずです。

この時点で前回のコメントで指摘した事と考え合わせると、深さ8km地点で爆弾を爆破させたという前提での考えは、理に叶っていないと現時点では判断するのが妥当だと思います。

>もしも気象庁が最初に発表した震源が正しいのならばこの地震は人工地震であった可能性が高いです。

その前提とする最初の発表が正確ではなかったのですから、その可能性は低いです。

>ちなみに今回の地震のP波はありませんでした。

残念ながらP波はありました。

そもそも気象庁が発表する地震速報もP波があったからこそ発表できたのですし、そういうシステムになっています。

再掲→ http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/Whats_EEW.html

参考→ http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/529.html

以上で回答を終わります。
Posted by スミオ at 2011.11.20 16:40
はじめまして
深海掘削船はちきゅうだけではありません。
深海掘削計画(IODP)は、JOIDES号で1985年から世界中を掘削しています。
http://iodp.tamu.edu/scienceops/maps/odpmap_int/

日本近海の調査地点はこちら
http://iodp.tamu.edu/scienceops/maps/odpmap_int/odpmap2.html

(北海道南西沖も掘削しています)

こちらが位置 (2箇所)
http://www.ldeo.columbia.edu/BRG/ODP/ODP/LEG_SUMM/186/leg186_fig1.htm
こちらが詳細 (1151のほう)
http://data.oceandrilling.org/codices/drillsite/186/1151/B

位置は、緯度 38.75  経度 143.33 深さは10km

最初に気象庁が発表した震源とほぼ同じ位置です
http://tenki.jp/earthquake/detail-3611.html

こちらに詳しい掘削スケジュールや方法まで書いてあります
http://www-odp.tamu.edu/publications/prosp/186_prs/186toc.html
スケジュール
http://www-odp.tamu.edu/publications/prosp/186_prs/186tbl1.html

穴の図
http://www-odp.tamu.edu/publications/prosp/186_prs/186_F05A.html

掘削したのは99年なので、10年後にどういう状況なのかわかりませんが、過去に震源域に近い部位を掘削したことは事実でしょう。



Posted by kob at 2011.12.12 00:49
>kob さん

とりあえず地震を人為的に引き起こす方法として、核爆弾爆破説では不可能だということは理解されてるとは思いますが・・。

私が考えているのは一応の可能性としては、石田仮説に基づく地震爆発論に因ります。この理論はまだ不十分な点は否めませんが、注目はしています。

あと、その提供してくれた情報はすでに確認済みですが、海底の深さは2200m付近で、北緯38度45分ラインと、北緯39度10分〜北緯39度11分ライン付近の二箇所です。この二つのポイントは掘削孔型の地震観測用センサーがあるのです。

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/mshino/borehole/borehole.htm#Table1

実際にその地震観測器設置場所の動画がありますので検索してみてください。

深海ビデオキャストのDive No.479 480 482(三陸沖、釜石沖)の3つが該当します。

http://www.godac.jamstec.go.jp/dataportal/index.html

海底からの掘削深度はおよそ1,000m程ですが、これだけの深さを掘っても、今の今まで大規模な地震が起きていなかったわけです。

深部における海底掘削に関しては、大水圧による地殻変動は起きにくいのではないかと個人的には考えています。

すでに長い間大きな水圧を受けているので、現在に至るまで深奥が大地震を誘発するほど不安定な状態とは思えないので。

結局のところ地震観測用の穴2箇所掘削した程度では、今回のような地震に繋がった理由としては根拠が薄いと思ってます。
Posted by スミオ at 2011.12.12 07:24
なるほど
詳しい解説ありがとうございます。

まだ全部ブログ拝見していないので、すでに解説されていたら申し訳ないのですが、下のブログが指摘されている、2000年以降の世界的な大地震の急増の原因は何だとお考えでしょうか・・・? 単に活発期に入ったからなのか、気象兵器などの人為的な要因があるのか、さしつかえなければ見解をお聞かせください。

http://d.hatena.ne.jp/hirodance/20111030/1319964511


Posted by kob at 2011.12.13 11:50
>kob さん

その件に関しては、人為的なものというより自然現象によるものだろうとは思ってますが、そのメカニズムがはっきりしていないので、何とも言えないというのが正直なところです。

その辺は今後色々と情報収集する必要はあると思ってます。
Posted by スミオ at 2011.12.13 17:25
ツァーリ・ボンバは50年前の技術ですから現在ではどうなっているのか分かりませんし、最先端の技術を簡単に公表するとも思えません。

変な話ですが、何度も爆発して水の圧力を無効化しつつ進むような兵器を作ってしまえば、震源で爆発させることは可能かもしれませんよ?
水中放電と核融合反応を使うのはどうだろうか?
とか言いつつも、無理だろうとは思いますがね(笑)
Posted by Es at 2011.12.17 04:49
>Es さん
コメントどうもです。

はい。旧ソ連の兵器ですから、これが今現在アメリカでならどうなっているか?と言えば、正直わかりません。

しかし仮に小型化が進んでいたとしても、掘削した穴のサイズに収まる必要がありますし、原爆を起爆剤とした(しない場合の純水水爆でも)水爆であるのならサイズ的にも、また高水圧に耐えられるか?という点を考慮に入れても現実的に不可能のように思えますよね。

また高水圧に耐えられるとするなら、爆発させるにはその頑丈な爆弾の分厚い金属壁を打ち破るほどの破壊力と爆圧が必要になるでしょうし、そのサイズにM9程の地震を引き起こすエネルギーを満たす水素燃料を詰め込むのも不可能と思いますから、やはり現実的ではないんですよね。

例え一発ではなく小分けにしたところで、総エネルギー量は等しくてもその破壊力は下がると思いますし・・。

しかし考えるのは面白い物で、もしそのような技術を実現できる科学力に到達しようものなら、多くの科学者もきっとノーベル賞ものですよね。

そういう発想力が世に貢献できればいいんでしょうが・・と前向きに考えてみるのもありでしょうかね(笑)
Posted by スミオ at 2011.12.17 21:41
おそらく311は人工地震。
内陸活断層型と海抜型が一緒に起きるとは考えにくい。
3回もの複雑で特殊な地震波が連続で起こるとは考えにくい。

関東地方に住んでて直感の優れてる奴なら分かったと思うが揺れ方が間隔が明らかに異常だったな。

軍事技術に関しては政府に完璧に隠蔽されててて民間レベルでは憶測の話しか出来ないし、真相は911の自演テロみたいに内部告発や徹底検証でそのうち明らかになってくんじゃないか?

Posted by 金子 at 2012.01.22 02:12
>金子さん

よく見かけるような考えの一般例ですね・・。

>内陸活断層型と海抜型が一緒に起きるとは考えにくい。3回もの複雑で特殊な地震波が連続で起こるとは考えにくい。

なぜ起きるとは考えにくいのでしょうか?

逆に考えれば自然に起こる地震でも十分あり得るという事を、あの地震は証明したという事になる、とも言えますね。

過去にそういった自然地震の記録が残っていないだけで、この地球が誕生して以来実際には起こっていた可能性の方があるとも言えますし。

>関東地方に住んでて直感の優れてる奴なら分かったと思うが揺れ方が間隔が明らかに異常だった

主観でなら何とでも言えますし、それだけでは根拠に乏しいのは言うまでもないです。

>軍事技術に関しては政府に完璧に隠蔽されててて民間レベルでは憶測の話しか出来ないし

密かに人工地震を起こせる兵器をどこかの国の軍が開発し、所持していて使ったということでしょうか?しかもその技術は隠蔽されていると。

ではそれを使った目的は何か?です。それがアメリカなら、日本に対して起こした理由は何でしょう?

日本が被災すれば、何かとアメリカも経済的に困ると思うんですが、そんな非効率的な自ら泥をかぶるような事をするとは考えにくいと思います。

出来ればデメリットのないメリットだけの出る手段を使おうとするでしょうし。事前に地震を意図的に引き起こすのなら、株式売買で暴利をむさぼることも可能だったはずです。

しかし実際にはそのような事は起こっていないですし、まったくもって意図的に地震を引き起こす理由が不明です。

>真相は911の自演テロみたいに内部告発や徹底検証でそのうち明らかになってくんじゃないか?

ちなみに911はすでに懐疑派の面々から合理的に徹底検証されており、自演テロの証拠はないと判明しています。
Posted by スミオ at 2012.01.22 03:54
>ちなみに911はすでに懐疑派の面々から合理的に徹底検証されており、自演テロの証拠はないと判明しています。

911にしろ311にしろ「11」ってのが一緒になることとイルミナティカードと一致してる点からも人工地震と思う人が多いのでは?

それと、311以降、産経新聞のネットの記事には
米軍の空母の乗組員が被爆したとか記事載せてましたよ。福島原発が爆発するまえからねw
あと、ビルゲイツも爆笑しなが放射能は健康に問題ありませーんwとか速攻、産経新聞に載せてきましたが?w
その上、ローマ法王も意味不明な記事を産経経由で載せてたけどあれは自己顕示欲の強い連中の本性なんだなーと思いました。

>日本が被災すれば、何かとアメリカも経済的に困ると思うんですが、そんな非効率的な自ら泥をかぶるような事をするとは考えにくいと思います。

クリントン政権以降、仮想敵国は日本になってるのしらないのですか?
今の米国は基軸通貨ドルに寄生してるだけになってるのです。
日本経済が潰れて喜ぶのは米国なんですよw
今は情報操作、経済戦争の時代だってことを知ってくださいね。
それで、日米安保も日本の軍事拡大を防ぐためです。北朝鮮にテポドン、核実験やらせたのは米国ですよ。核実験の停止させてるのも米国、食料の支援してるのも米国なんですよw

それで、平和ボケしてた団塊世代の両親も911と311の「11」が一緒になのはおかしいといってます。TPPの話がでてきて、野田総理がTPP交渉参加11月11日に表明したことで311は米軍がやったんだと気づいたようですよ。


Posted by DD at 2012.03.19 19:07
>DDさん

>911にしろ311にしろ「11」ってのが一緒になることとイルミナティカードと一致してる点からも人工地震と思う人が多いのでは?

ええ、意外と多いのでしょうね、陰謀論者のおかげで。まぁ11という数字は偶然だと思うんですが・・。それはいいとして、イルミナティカードの方も偶然、ただそのように見えるだけ・・という類ですよ。
→ ttp://blog.goo.ne.jp/youkaiou/e/43a3cc4334081caf0abab2e9d4f2f01d
→ ttp://hirorin.otaden.jp/e164900.html
→ ttp://hirorin.otaden.jp/e175801.html

>それと、311以降、産経新聞のネットの記事には
米軍の空母の乗組員が被爆したとか記事載せてましたよ。福島原発が爆発するまえからねw

きちんとソースを確認してもらえば、それは事実とは異なるということがわかるはずなんですが、私の記憶違いですかね?

そのひとつ
→ ttp://y-sonoda.asablo.jp/blog/2011/03/14/5740358

>あと、ビルゲイツも爆笑しなが放射能は健康に問題ありませーんwとか速攻、産経新聞に載せてきましたが?w
その上、ローマ法王も意味不明な記事を産経経由で載せてたけどあれは自己顕示欲の強い連中の本性なんだなーと思いました。

あぁそうなんですか。

>クリントン政権以降、仮想敵国は日本になってるのしらないのですか?

そうみたいですね。

>日本経済が潰れて喜ぶのは米国なんですよw
今は情報操作、経済戦争の時代だってことを知ってくださいね。

えぇ。

>それで、日米安保も日本の軍事拡大を防ぐためです。北朝鮮にテポドン、核実験やらせたのは米国ですよ。核実験の停止させてるのも米国、食料の支援してるのも米国なんですよw
>平和ボケしてた団塊世代の両親も911と311の「11」が一緒になのはおかしいといってます。TPPの話がでてきて、野田総理がTPP交渉参加11月11日に表明したことで・・

というところまでは理解できますが、それらがどうして「311は米軍がやったんだ」という事に繋がるのかが、理解できません。一緒くたにしてはいけないでしょうに。

結局のところ、「311地震はアメリカが意図的に起こした」という具体的な証拠やその方法を提示しない限り、説得力はないです。

Posted by スミオ at 2012.03.20 03:24
んならw津波発生のメカニズム発言しろよ。 放射能汚染源は?
菅直人が SPEEDE公表しない理由は? 地震発生源の魚の異変は?

お前さ、憶測で推測してんじゃねーか?宇宙線がどうたらとかで、あんなでっかい地震が引き起こせるか?津波引き起こせるか?

ハッキリ言うぞ、自然であんなでっかい地震は引き起こせないんだよ!
Posted by アノニマス at 2013.04.16 14:09
今年中には全て暴露されるからwwwwそれ起きたら お前ら覚悟しとけよwwwww
Posted by アノニマス at 2013.04.16 14:12
>アノニマス
>ハッキリ言うぞ、自然であんなでっかい地震は引き起こせないんだよ!

だったらいったい誰が、いつどうやってその地震を引き起こしたんでしょう?
その辺の具体的な説明は放棄ですか?
知っているならもったいぶる必要はないはずでしょう。
それとも馬鹿にされるのを恐れているんでしょうか?

ただの独り言ならわざわざここにコメントせずに、
どこかの掲示板ですればよろしい。

>今年中には全て暴露されるからwwwwそれ起きたら お前ら覚悟しとけよwwwww

次回以降もこういった知性のかけらもない
ふざけたコメントを書き込むならば、即削除します。
Posted by スミオ at 2013.04.17 16:03
私も陰謀だ、人工地震だと、疑心暗鬼のネガティブエネルギーを放出しているより、地道に福島復興のために黙々と活動されている人々のほうがよほど、建設的だと思いますね。
Posted by なん at 2013.06.18 22:21
逆にマグニチュード9じゃなかったら、可能性はありますか?

まず阪神淡路大震災はウィキによるとM7.3でした。
で311が9だったとします。
とすると、それはおよそ100倍強力な地震ということになります。
それに比べて被害はどうでしょうか?ちょっと変だとは思いませんか?
人工地震かどうかというのは置いておいて、マグニチュードの嘘について考えてみたらどうでしょうか?
Posted by 通りすがりのTrueSeeker at 2013.11.24 01:01
>通りすがりのTrueSeeker さん

>逆にマグニチュード9じゃなかったら、可能性はありますか?

結論を言えばその可能性はないです。
もうすでに具体的な根拠は様々なデータが如実に示しています。これ以上明確な証拠はありません。従って人為的に爆弾を埋めたという考えも、明確なデータを無視した一部の人間が言っているただの憶測に過ぎません。

>それはおよそ100倍強力な地震ということになります。 それに比べて被害はどうでしょうか?
>マグニチュードの嘘について考えてみたらどうでしょうか?

被害の大小でマグニチュードの値が決められているのではありませんし、また値が大きくても被害が少ないといったことは距離や地盤の固さにもよります。
参照→ ttp://contest.japias.jp/tqj2004/70483/in/sindo0.html

従って不思議に思ったとしても、その原因や理由がこのように説明されれば常識の範囲内で十分納得できるはずです。

回答は以上です。
Posted by スミオ at 2013.11.24 12:34
https://youtu.be/Z0YWOdzRkGU
この動画の3:50〜6:45でわかるように
本震の五連続のピークのうち最初の震源24キロ云々はガスや水の注入とかによるスロークエイクで誘発して自然地震にみせかけ


https://youtu.be/XqP-mar25a4の5:37の実際の3.11の宮城県大崎市の地震の爆発音からわかるように
二回目のピークとして爆発させれば


p波もごまかせ、震源の深さもミスリードできますからねぇ
爆発音が聞こえる二回目なら震源24キロとか計られてないんだし、掘る必要すらない


まあ誘発地震の他、核爆発を愚民以外にはばれるようにしないと
日本政府の要人には恐喝できないからね

Posted by 通りすがり at 2016.02.03 07:08
>通りすがり・・へ

ハイハイ、妄想乙(´∇`;)

なんでこうも支離滅裂なことを平然と言ってのけるのか、わかりまへんね・・。

ところでねぇ、君「本ブログ読者への留意事項」って読んでないでしょ?
http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/265989912.html

「通りすがり」っていうハンドルネームは禁止なんだよね。
だってこんな内容のコメントしてくる人がいるからなんだけども。

今回だけは特別にまんま残しておくから、まともに返答する気も起らないこんなコメントは絶対にするなと。時間の無駄だし。

そういうわけでよろしこー(´-ω-`)v
Posted by ころりい at 2016.02.03 13:41
妄想、支離滅裂
理由なしに言うだけなら誰でも言えますね

概ね上の実情で正しいから具体的な内容には一切反論できないというね…
Posted by 乙 at 2016.04.10 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

banar.swf
Copyright © 宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート